スポンサードリンク

ブラキシズム(歯軋り、噛みしめ)とは

ブラキシズム(Bruxism)とは、睡眠時や覚醒時を問わず、
歯を動的、若しくは静的にすり合せたり、噛み締めたりする
非機能性咬合習癖の一形態である。様々な動作を包括した
広義の「歯ぎしり」を指し、咬合神経症とも呼ばれる。

ブラキシズムは弄舌癖や咬唇癖のような無意識、無目的に
行われる異常習癖と同様のものであり、動作が行われる際には
咀嚼筋群の異常緊張と、それに伴う歯および歯周組織への
炎症性破壊、更に顎関節への異常な負荷がかかることにより
関節円板の転位などが生じる場合もある。

ブラキシズムは、その動作形態により3つの型に分類されている。
1.グラインディング(すり合わせ)
2.クレンチング(噛みしめ)
3.タッピング(カチカチ噛み合わせる)

グラインディング:上下の歯を臼の如くすり合わせる運動
(臼磨運動)を行う。ギシギシと音を立て、咬頭に異常な力が
働くので、歯質の崩壊を招きやすい。睡眠時に多く、
一般に呼ばれる「歯ぎしり」はグラインディングを指す事が多い。

クレンチング:上下の歯を静的に強く噛み合わせる動作を言う。
覚醒時に無意識に発現していることが多く、自覚症状は勿論、
他覚症状もほとんど無いために発見が遅れることがある。

タッピング:上下の歯を動的にカチカチと噛み合わせる動作を
言う。

ブラキシズムの治療法としては咬合調整、薬物療法、
バイオフィードバック療法、マウスピース(スプリント)療法、
ストレスマネージメント療法などがある。

特にマウスピース(スプリント)による保存療法が
主流なのかな?私もマウスピース(スプリント)療法で
多少症状は軽くなりましたが大きな改善は無かったですね。

ただ、マウスピースをしていないとグラインディングのせいで
歯が変形します。もっと言うと擦り減るってことです。
マウスピースはやはり必要かなという気がします。


顎関節症(TMJ)をマウスピースで克服できるの?
スポンサードリンク
posted by 顎関節症(TMJ)マウスピース(スプリント) at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 顎関節症とは

顎関節症とは(診断、治療法、予後など)

顎関節症の診断は、基本的に顎関節症の主要3症状を
検索することによって診断する。顎関節部の画像診断
(シューラー法X線撮影法、MRI)や、マンディブラー
キネジオグラフ(MKG)の様な顎運動審査を行う。
関節鏡による診断も行われる。
顎関節部の炎症症状、及び骨異常を伴う場合、顎関節症とは
分けて考えられているということだ。

つまり、疼痛、クリック音、アゴが開きにくいということを
患者に確認することがメインみたい。
それ以外にMRIとかアゴの動きを画像でチェックしたり
内視鏡のようなものも使うようです。

そして、肝心な顎関節症の治療は、主として歯科が扱っている。
原則として、原因や誘因の除去する治療法が主となり、
アゴの安静や咬合異常の整復を目的とした様々な顎関節の
治療法が存在する。
徐々に顎関節の異常があらわれるような顎関節症の場合、
外科的な治療を行うことは少なく、原因となる噛み合せの
調整のため、マウスピース(スプリント)や矯正を行う。
顎の筋肉の緊張緩和のために肩こり用の医薬品なども併用される。
* スプリント療法(マウスピース)
* 薬物療法(痛み止め)
* 理学療法(超音波治療など)


顎関節症の診療は、補綴科、矯正歯科、口腔外科など
複数の領域の専門分野が共同して当たるのが一般的である。
その為、一部歯科医院では設備機器などがなく顎関節症の
診療できないので、大学病院などへ転院させることもあるようです。
受診の際には事前に確認しておいた方がよさそうです。

尚、法律上、顎関節症治療に関する標榜科はない。


予後
外科的な手術を行った場合はそうでない場合に比べ、
再発の危険性が高いといわれている。多くの場合、
顎関節症は再発を繰り返しながらも、時間の経過と共に
症状は軽くなる傾向があるとのこと。 けれども、
およそ10%の顎関節症のケースでは慢性疼痛を伴って悪化する。
この少数だが重要な顎関節症のグループについての研究が、
今後の課題とされている。

私のあごの研究してください!9年経った今も非常に
不快な違和感に苦しんでいます。

<ウィキペディアからの引用を一部含んでいます。>


顎関節症(TMJ)をマウスピースで克服できるの?
スポンサードリンク
posted by 顎関節症(TMJ)マウスピース(スプリント) at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 顎関節症とは

顎関節症とは(症状、原因など)

顎関節症(がくかんせつしょう)とは難しい言葉で言うと
顎関節に発生する、開口時の疼痛 、開口時の関節雑音、
開口制限を特徴とする症候群のことである。

要はアゴの関節がおかしくなって、口をあけた時に
痛みがあったり音(クリック音)がしたり、口が
開きにくくなったりする事です。

上に書いたような、関節雑音や顎関節痛、開口障害が
単独もしくは複数で、同時もしく定期的に発現する。
(これを顎関節症の主要3症状と呼ぶそうです。)
そのうち関節雑音は、「クリック音」や「捻髪音」と
呼ばれる特徴的な音を主とするものである。

子供から大人まで幅広く発生するが、20歳代から30歳代の
女性に好発する傾向がある。けれども、大きく開口するあくび、
笑いといった常日頃の何気ない動作や、歌唱、寝違え、
頬杖などでも引き起こされることがあるため、男性に
発症してもなんら不自然ではないとのこと。

私の友人は家でお酒を飲んでいる時にスルメイカを
一袋食べきって顎関節症になりました。

顎関節症は、異常な開閉口運動や、ブラキシズム(歯軋り)などの
顎に加わる異常外力、補綴物異常など多様な原因による
咬合異常や筋緊張に起因するといわれている。
また、生活習慣や仕事の変化と肉体的心理的ストレスの
相乗作用によって、原因となる状態を惹起し、症状が出現する
場合もある。

続きは次回へ

<ウィキペディアからの引用を一部含んでいます。>


顎関節症(TMJ)をマウスピースで克服できるの?
スポンサードリンク
posted by 顎関節症(TMJ)マウスピース(スプリント) at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 顎関節症とは

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。