スポンサードリンク

顎関節症の分類

顎関節症の症状とその分類

顎関節症の症状は間歇的に現れるのが通常であり、
その発現の仕方によって突発型や潜行型のように分類される。
日本において顎関節症の多様な病態に対応するため、
日本顎関節学会はI〜V型に分類を行い、広く臨床に
使用されている。

顎関節症I型:
咀嚼筋障害を主徴候とし、その病理は筋緊張と筋スパズム、
筋炎である。顎関節部の運動痛と運動障害を僅かに生じることが
あり、筋痛を強く生ずる。

顎関節症II型:
関節包、関節靭帯、関節円板の伸展や捻挫による病変を
主徴候とし、顎関節部の運動痛と圧痛を強く生じ、関節雑音を
生ずる。筋痛は弱い。関節鏡下で病変を認める。

顎関節症III型:
関節円板の転位や変性、穿孔、線維化を主徴候とする。
クリッキングと呼ばれる関節雑音が顕著である。筋痛はなく、
顎関節部の疼痛は弱い。

顎関節症III型a:復位性関節円板転位:関節円板の位置関係が
      復位する時に関節雑音(クリック音)が確認できる。
顎関節症III型b:非復位性関節円板転位:関節円板の位置が
      復位しない。ひっかかりのための開口障害や
      顎関節の疼痛がおこる。

顎関節症IV型:関節軟骨の破壊、下顎窩や下顎頭の骨吸収や変性・添加、
関節円板や滑膜の変形異常などを主徴候とし、クレピタス音と
呼ばれる関節雑音が顕著である。X線所見上も大きな異常を
認めるようになる。

顎関節症V型:上記のI〜IV型のいずれにも該当しないが、顎関節領域に
異常症状を訴える、心身医学的な要素を含むもの。

<ウィキペディアより引用>


顎関節症(TMJ)をマウスピースで克服できるの?
スポンサードリンク
posted by 顎関節症(TMJ)マウスピース(スプリント) at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 顎関節症と私とマウスピース(スプリント)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。