スポンサードリンク

ブラキシズム(歯軋り、噛みしめ)とは

ブラキシズム(Bruxism)とは、睡眠時や覚醒時を問わず、
歯を動的、若しくは静的にすり合せたり、噛み締めたりする
非機能性咬合習癖の一形態である。様々な動作を包括した
広義の「歯ぎしり」を指し、咬合神経症とも呼ばれる。

ブラキシズムは弄舌癖や咬唇癖のような無意識、無目的に
行われる異常習癖と同様のものであり、動作が行われる際には
咀嚼筋群の異常緊張と、それに伴う歯および歯周組織への
炎症性破壊、更に顎関節への異常な負荷がかかることにより
関節円板の転位などが生じる場合もある。

ブラキシズムは、その動作形態により3つの型に分類されている。
1.グラインディング(すり合わせ)
2.クレンチング(噛みしめ)
3.タッピング(カチカチ噛み合わせる)

グラインディング:上下の歯を臼の如くすり合わせる運動
(臼磨運動)を行う。ギシギシと音を立て、咬頭に異常な力が
働くので、歯質の崩壊を招きやすい。睡眠時に多く、
一般に呼ばれる「歯ぎしり」はグラインディングを指す事が多い。

クレンチング:上下の歯を静的に強く噛み合わせる動作を言う。
覚醒時に無意識に発現していることが多く、自覚症状は勿論、
他覚症状もほとんど無いために発見が遅れることがある。

タッピング:上下の歯を動的にカチカチと噛み合わせる動作を
言う。

ブラキシズムの治療法としては咬合調整、薬物療法、
バイオフィードバック療法、マウスピース(スプリント)療法、
ストレスマネージメント療法などがある。

特にマウスピース(スプリント)による保存療法が
主流なのかな?私もマウスピース(スプリント)療法で
多少症状は軽くなりましたが大きな改善は無かったですね。

ただ、マウスピースをしていないとグラインディングのせいで
歯が変形します。もっと言うと擦り減るってことです。
マウスピースはやはり必要かなという気がします。


顎関節症(TMJ)をマウスピースで克服できるの?
スポンサードリンク
posted by 顎関節症(TMJ)マウスピース(スプリント) at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 顎関節症とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。