スポンサードリンク

顎関節症とは(診断、治療法、予後など)

顎関節症の診断は、基本的に顎関節症の主要3症状を
検索することによって診断する。顎関節部の画像診断
(シューラー法X線撮影法、MRI)や、マンディブラー
キネジオグラフ(MKG)の様な顎運動審査を行う。
関節鏡による診断も行われる。
顎関節部の炎症症状、及び骨異常を伴う場合、顎関節症とは
分けて考えられているということだ。

つまり、疼痛、クリック音、アゴが開きにくいということを
患者に確認することがメインみたい。
それ以外にMRIとかアゴの動きを画像でチェックしたり
内視鏡のようなものも使うようです。

そして、肝心な顎関節症の治療は、主として歯科が扱っている。
原則として、原因や誘因の除去する治療法が主となり、
アゴの安静や咬合異常の整復を目的とした様々な顎関節の
治療法が存在する。
徐々に顎関節の異常があらわれるような顎関節症の場合、
外科的な治療を行うことは少なく、原因となる噛み合せの
調整のため、マウスピース(スプリント)や矯正を行う。
顎の筋肉の緊張緩和のために肩こり用の医薬品なども併用される。
* スプリント療法(マウスピース)
* 薬物療法(痛み止め)
* 理学療法(超音波治療など)


顎関節症の診療は、補綴科、矯正歯科、口腔外科など
複数の領域の専門分野が共同して当たるのが一般的である。
その為、一部歯科医院では設備機器などがなく顎関節症の
診療できないので、大学病院などへ転院させることもあるようです。
受診の際には事前に確認しておいた方がよさそうです。

尚、法律上、顎関節症治療に関する標榜科はない。


予後
外科的な手術を行った場合はそうでない場合に比べ、
再発の危険性が高いといわれている。多くの場合、
顎関節症は再発を繰り返しながらも、時間の経過と共に
症状は軽くなる傾向があるとのこと。 けれども、
およそ10%の顎関節症のケースでは慢性疼痛を伴って悪化する。
この少数だが重要な顎関節症のグループについての研究が、
今後の課題とされている。

私のあごの研究してください!9年経った今も非常に
不快な違和感に苦しんでいます。

<ウィキペディアからの引用を一部含んでいます。>


顎関節症(TMJ)をマウスピースで克服できるの?
スポンサードリンク
posted by 顎関節症(TMJ)マウスピース(スプリント) at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 顎関節症とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。