スポンサードリンク

顎関節症とは(症状、原因など)

顎関節症(がくかんせつしょう)とは難しい言葉で言うと
顎関節に発生する、開口時の疼痛 、開口時の関節雑音、
開口制限を特徴とする症候群のことである。

要はアゴの関節がおかしくなって、口をあけた時に
痛みがあったり音(クリック音)がしたり、口が
開きにくくなったりする事です。

上に書いたような、関節雑音や顎関節痛、開口障害が
単独もしくは複数で、同時もしく定期的に発現する。
(これを顎関節症の主要3症状と呼ぶそうです。)
そのうち関節雑音は、「クリック音」や「捻髪音」と
呼ばれる特徴的な音を主とするものである。

子供から大人まで幅広く発生するが、20歳代から30歳代の
女性に好発する傾向がある。けれども、大きく開口するあくび、
笑いといった常日頃の何気ない動作や、歌唱、寝違え、
頬杖などでも引き起こされることがあるため、男性に
発症してもなんら不自然ではないとのこと。

私の友人は家でお酒を飲んでいる時にスルメイカを
一袋食べきって顎関節症になりました。

顎関節症は、異常な開閉口運動や、ブラキシズム(歯軋り)などの
顎に加わる異常外力、補綴物異常など多様な原因による
咬合異常や筋緊張に起因するといわれている。
また、生活習慣や仕事の変化と肉体的心理的ストレスの
相乗作用によって、原因となる状態を惹起し、症状が出現する
場合もある。

続きは次回へ

<ウィキペディアからの引用を一部含んでいます。>


顎関節症(TMJ)をマウスピースで克服できるの?
スポンサードリンク
posted by 顎関節症(TMJ)マウスピース(スプリント) at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 顎関節症とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。